« 秋らしさ 10月1日 | トップページ | 秋雨の中 10月4日 »

2004.10.02

息子とラン 10月2日

秋晴れの中、大学4年の息子ユウタと名栗湖までサイクリングの予定で出かける。
彼は最近、下宿のある横浜まで50kmをMTBで数回往復している。
夕方の予定に間に合わせるため、松ノ木トンネル入口で引き返してきたが、満足できるツーリングだった。

今日のルート(黄色色線 クリックすると拡大表示)
OKUTAM04.gif

本日の記録
走行距離 96.7km
走行時間 4:46:47
平均速度 20.2km/h
最高速度 57.9km

これまでのサイクリングの4ルートの中で、比較的楽しめた名栗へを行くことにする。
8時に家を出発。多摩川は風が心地良く、夏に比べて汗が少ないのが何より。
二人で走れば、話したり、前後入れ替わって風よけになったり、それもまた楽しい。

小生の今日の出で立ち。真っ赤でござる。
DSCN3004.JPG

多摩川を遡上し、睦橋から武蔵五日市駅へ。ここで休憩しているとき、88歳のマエカワさんが話しかけてくる。ブルホーンハンドルに興味を持ったらしい。お元気でと分かれる。
秋川街道の二ツ塚峠で、早くもユウタは遅れはじめる。こちらは知った道だから、余裕でクリア。とはいえ、前回はMTBの軽いギアで登ったのだが、今回はロード。それでも余裕があったのは、やはり脚力がついたのだろう。

青梅駅でアイスクリームを食べ、小曽木街道へ。黒沢二丁目交差点を左折。吹上峠を越えて、松ノ木トンネル入口で時間切れ。黒沢二丁目まで一気に下り、東青梅へ直進する。これはいいルート。若干の登りを越えて下ると、やがて青梅線の踏切を越えて駅前へ。ここでデニーズでゆっくり昼食。

羽村から再び多摩川に戻り、快調に飛ばす。2時半に帰宅。平均速度は、これまでのサイクリングでは最高となった。

こんな格好でペダルを漕ぐのじゃ。
DSCN3005.JPG

昨日届いたウェストバッグをつけて走る。1日のサイクリングには、これで間に合う。デジカメ、タオル、着替えのシャツ、財布、携帯などが入っている。ディパックのように、肩ベルトや背中が汗で濡れることもない。
交換チューブや工具はリアの荷台のボックスに。輪行袋が必要なときは、ドリンクホルダに。雨具持参のときは、リアの荷台に。体に余計なものはつけない。

息子はMTBで。いい汗をかいている。
DSCN3006.JPG

|

« 秋らしさ 10月1日 | トップページ | 秋雨の中 10月4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋らしさ 10月1日 | トップページ | 秋雨の中 10月4日 »