« 06/09/24 ステム交換 | トップページ | 061007 秋晴れと体操会 »

2006.09.30

06/09/30 日帰り道志みち

サイクリングによい季節だが、天気予報を見ながら予定を決めかねる。とりあえずロードで輪行袋持参。昨年の9月9日登った道志みちに再びチャレンジ。一泊にするか、途中で引き返すか迷った末に、予報通り明日の雨が早まるなら今日の内に帰ろうと走りながら決める。
Pict0003_060930
(すべての写真はクリックすると拡大表示)
7:20 自宅を出発し、30m道路で多摩川・関戸橋へ出る。7:28 曇り空ながら奥多摩の山々がうっすらと見えた。
060930map
地図をクリックすると拡大表示(赤線=自走 青線=輪行)

本日走行 119.15km
走行時間 6:32:03
平均時速 18.9km/h
最高時速 54.8km/h

(第37週) 284.27km
今年の積算走行距離  4566.06km

Pict0004_060930
多摩川サイクリングロードを遡って、府中四谷橋へ至る。

Pict0006_060930
7:58 府中四谷橋を渡って、野猿街道と川崎街道交差点を渡る。

Pict0007_060930
8:44 橋本駅通過。ここまで22.91km。

Pict0010_060930
9:24 三ヶ木交差点を越えて、間もなく道志みち方面への分岐点。

Pict0011_060930
いよいよ道志みち。昨年とほぼ同じ地点で写真を撮りながら進む。

Pict0012_060930
女性サイクリストに抜かれる。やがてもう一人が近づいてくるが、重いギアを踏んでいる。「鍛錬のため?」と声をかけると、「初心者で分からないんです」と答えながら、力尽きたように速度が落ちていく。「山中湖まで」という彼女に、「軽いギアならもう少し楽に走れるよ」と、よけいなアドバイスをして先を行く。

Pict0014_060930
10:01 登ってきた道を振り返る。

Pict0015_060930
10%の上り坂。結構きつい。一番軽いギアで時速9kmほどで進む。こうした坂がこの後、何度も続く。

Pict0016_060930
最高地点との表示。ここからしばらく下り。しかし道志みちの奥、山伏峠はさらに高所。

Pict0017_060930
10:18 道志村入口。またもや急坂。ここで先ほど抜いていった女性ローダーを追い抜く。

Pict0018_060930
山道は蛇行を繰り返し登りつづける。

Pict0019_060930
昨年は稲刈り前だったが、今年は自然乾燥中だった。

Pict0021_060930
道は高度を上げ、川が渓谷の下の方に見える。すでに上半身は汗でびっしょり。

Pict0025_060930_1
少し開けたところでは、こうした風景も。はさぎにかかる稲は自家米だろうか。

Pict0026_060930_1
11:38 みちの駅どうし到着。ここまで65.60km。

Pict0028_060930_1
いつもの、おこわおにぎりとポトフを昼食にする。しばらく休憩して、12:20出発。山伏峠までは後9km、昨年はここを1時間かかっている。

Pict0030_060930_1
峠まで残り2kmほど。今年は息が切れる前に路肩に止まって、水分補給と休憩を積極的に取った。おかげで少し余裕をもって峠に至る。

Pict0031_060930_1
13:21 山伏峠。やはり1時間かかった。

Pict0032_060930_1
真っ暗なトンネルを1分ほどで抜けると山中湖村。ここから湖畔まで快適な下りがつづく。

Pict0033_060930_1
13:36 湖畔に突き当たって左折。やや平坦な南岸側を走る。正面に雲間から富士山の山頂が見えた。

Pict0036_060930_1
湖畔には洒落たロッジも。

Pict0038_060930_1
山中湖をほぼ半周。山の上に富士ホテルが見える。ここから富士吉田まではほぼ下り坂がつづく。

Pict0040_060930_1
14:08 富士吉田バイパス入り口。ここから右折して大月に下る。

Pict0041_060930
道幅が広く、快適な下り。信号でひっかかる以外は時速40kmほどで走る。

Pict0042_060930_2
14:20 9月9日には大月から登って、この分岐点から河口湖方面へ向かったところ。ここから道が狭くなり、自動車とほぼ同速度で一気にくだる。時速30km~40kmだが、さすがに折畳自転車と違ってロードは高速での安定感が高い。

Pict0043_060930
15:05 大月駅に到着。富士吉田バイパス入り口から大月駅までおよそ25.5kmを1時間を切って下ってきたということは、平均時速が25kmを越えているということ。辛い登りの後のこうした下りは、ご褒美をもらったような気分だ。
久しぶりにロードを畳んで輪行袋に収める。15:25発東京行きの電車に乗り込めた。

Pict0046_060930
16:40 国分寺駅下車。一つ手前の駅だが、周囲に迷惑をかけず自転車を組み立てるスペースがある。

Pict0048_060930
自宅近くの野川沿いに振り返ると、ちょうど夕日が落ちようとしいた。

思いがけず日帰りサイクリングとなったが、いいコースだった。山中湖から富士吉田経由大月駅は90%が下りだから体への負担が軽い。ただしこの辺りの車は、横道から飛び出してくるので気を付けて走らなければならない。また、富士吉田バイパスが終わって大月までの道は、路側帯がほとんどないので、後続車に気を付けて走ることになる。
昨年、今年と道志みちを走ることができた。体力バロメーターとして、また来年も走りたいものだ。


|

« 06/09/24 ステム交換 | トップページ | 061007 秋晴れと体操会 »

コメント

教習所に通っているのかと思ったら、マイカーの練習中なんですね。
ぼくは自動車は手放しました。東京では乗る機会がほとんどありません。荷物運びや遠出のときはレンタカーを使います。安くて最新車種に乗れます。
事故は一瞬、悔いは一生、安全運転でね。

投稿: tamon | 2006.10.05 12:35

ずいぶん遠くまでお出かけになったのですね。
天候が不安定だとなかなか自転車に乗れません。

現在は自転車より車の訓練中です。

まもなく雑誌の発売日来週はどこかで自転車にのって光が丘へ行かなくては。

投稿: 5里 | 2006.10.03 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 06/09/24 ステム交換 | トップページ | 061007 秋晴れと体操会 »